吐き気

アフターピルの副作用について

お薬での心配な点のひとつとして副作用があげられると思います。
副作用については人によってはひどい吐き気やめまいを伴うなど様々。
ですが、副作用があまりない人もいたりします。また後遺症はないのか不安がる人も中にはいると思います。
アフターピルには併用して飲んでいいお薬もあります。
アフターピルは安全なのかも気になるところですよね。

副作用

下記はアフターピルの副作用として見られる症状です。

吐き気
頭痛
めまい
不正出血
腹痛・・・etc

アフターピルは普通の低用量ピルに比べホルモン量が多い分副作用を感じる可能性はあります。

服用後の嘔吐

アフターピルの副作用としてやはり吐き気を訴える人が多い!!
でも、吐き気を感じたら吐き気止めを飲んでも大丈夫!副作用は24時間以内で収まります。

もし吐いてしまったら、服用から2時間以内に嘔吐てしまったらもう一度追加でピルを飲む必要があります。
ピルの消化時間は約2時間と考えていいでしょう。副作用は身体に成分が吸収された2~3時間後に見られることが多いようです。

後遺症と避妊確認

診察
また後遺症や今後の妊娠に影響があると考える方もいますがピルの成分は2日間で身体から抜けます。
避妊できたか分かる方法としてアフターピルを服用して早い人は3日後には出血の症状が現れます。
3週間以上たっても出血がない場合は産婦人科へ避妊に失敗した可能性があります。

出血が起こらない!?

アフターピルを服用後に出血が起こる原因は、ホルモン調整で子宮内の膜が剥がれおちた時に出血します。
つまり、避妊にほぼ成功したと考えてよいでしょう。このようにピルを使って人工的に起こす出血を「消退出血」といいます。
消退出血は生理のように大量に出るわけではなく茶色く濁ったおりもののようなものです。
消退出血に気付かない人も中にはいます。消退出血がちゃんとあるか確認したい場合は服用後におりものシートを使って確認するのもひとつの手です。